トイレ掃除で水位を下げる裏技を遅ればせながらためしてみた

トイレ掃除でやっぱり気になるのは
水たまりの部分の「輪ジミ」というか
「さぼったリング」というか
の部分じゃないでしょうか?

常々
あの水たまりの部分の水位を
何とかして「安定して下げられないか」と
思ってたんですよね。

 

 

我が家のトイレは
水を流して水流が止まったすぐは
一時的に水位が下がるのですが

しばらくすると
徐々に水位が元の通りに戻ってしまいます。

だから、水面の部分の輪ジミを
じっくり掃除したくて、
掃除が終わるまで水位を下げるという
裏技を使ってみたかったのですが…

その方法とは…

 

トイレ掃除の際、一時的に水位を下げる方法

 

先日知ったのが

「洗面器1杯の水を勢い良くトイレに流す」

という方法

 

水の水位を下げるには

水の中に手を突っ込んだり
給水栓を止めたりしなきゃならないのかと
心配してたんですが
この方法なら簡単です!

こりゃ、いい方法を知ったもんだ!
と思い早速試してみました。

しかし、なんと

やり方が悪かったのか
水位は一向に下がらず。

何度か勢いつけてみたり
水の量が少ないのでは?と
洗面器に多めに水を張って
流し込んでみたり

いろいろ試してみたんですが、
ついに
我が家のトイレでは
一度も成功しませんでした。

あるメーカーさんがその裏技の動画を
アップしてくれていたので、
もしかしたら、そのメーカーさんのトイレには
有効で、
我が家のトイレのように違うメーカーの
トイレでは効果がないのかもしれません。

ともあれ、
トイレ掃除はやらねばならんので

もう一つの方法を試してみることに
しました。

 

もう一つの方法は「ブラシを水たまりの中で上下する」

 

仕方ないので

もう一つの方法を試してみることに
しました。

それは

「トイレのブラシを水たまりの中で上下する」

という方法です。

こちらはみごと成功

良かったよかった。
これでもダメだったら
ポンプで吸い上げか?
とか考えちゃった…(^_^;)

 

でも、可能なら「水を流す方法が良かった」その理由

 

我が家には実は
トイレブラシがありません。

だから、
輪ジミの部分に水が無い状態にして

使い捨て手袋もしくはゴム手袋

&メラミンスポンジ
で「キュコキュコ」こすりたかったのでした。

我が家になぜ「トイレブラシ」がないのか…
その理由はまたの機会に書きたいと思います。

とにかく
トイレブラシがないものだから

水たまりに手袋した手を入れて
上下させ、水位を下げることに
成功したのでした。

無事、さぼったリングの掃除は
終わりましたとさ。